美しく 痩せる 7つ ストレッチ

■わたしが実践したダイエット■

⇒1ヶ月で−4、8キロ達成した方法はコチラ

美しく痩せる7つのストレッチとは?

"仕事をしている女性でも、家事や子育てが忙しい主婦の方でも手軽に
できるのが柔軟体操です。

 

それだけで痩せるの?と疑問に思われるかもしれませんが、キレイなボディラインを
キープするためには、この毎日のストレッチがかかせません。

 

普段使わない筋肉や筋を伸ばすことで、日常生活の中でも意識して動くことができます。

 

きちんと身体を動かす時間を持てない日は、階段を登る時や、扉をあける動作1つでも
効果がありますから、是非どの部分の筋肉をほぐしているのか意識しながら行ってください。

 

女性が「痩せたい」と思うポイントに焦点を当て、7つの方法を紹介します。

 

 

◆肩
両腕を耳の横にあわせ頭の上で手のひらをつけた状態から、手のひらを外側に向け、
ひじが前に出ないように注意しながら腕をゆっくり肩の高さまでヒジを下ろします。

 

この時、肩甲骨を意識し、胸の上の筋肉が伸びていることも確認してください。
そのあと息をゆっくり吐きながら、ひじを胸の位置くらいまで下ろして肩甲骨がしっかり
動いていることを確認しましょう。

 

 

◆背中
両腕を耳の横につけるように両手を挙げて、頭の上で両手を交差させ、上の引っ張るように
伸ばしながら5秒ほど静止します。そのあと交差を入れ替えて同様に5秒静止します。

 

◆腰
腰やわき腹の柔軟体操です。

 

座った状態で、両手を頭の上で組み、腰を意識しながら深く息を吸い左右にゆっくり倒します。
痛いなと思うあたりで一旦止めてまたゆっくり戻します。

 

両方とも各10秒を目安にしましょう。
無理に身体を倒そうとすると息を止めてしまうので、必ず息を吐きながら行いましょう。

 

◆ヒップ
仰向けに寝て左脚はそのまま伸ばし、左手は脚の横に置いておきます。
その状態で右ひざを立て、ゆっくり息を吸って吐きながら腰をひねって右脚を左脚側に倒します。

 

この時、顔は右側をむくようにするとお尻の筋肉が伸びているのを実感できます。
左右20秒程度行ってください。

 

 

◆太もも(前側)
身体の中で一番疲労しやすい太ももの前側を伸ばします。

 

床に腰を下ろし片脚を前に伸ばし裏の筋が伸びるようにかかとと立て、もう片脚は足の甲を
床にしてモモの横に折り曲げておきます。

 

この状態で、両手を後ろについて上体を後ろにゆっくり倒し、太ももが伸びていることを確認
したらそこで深呼吸を数回繰り返します。

 

そのあと、伸ばしたほうの脚の裏に両手をかけて上に向かって伸ばしてみましょう。

 

◆太もも(後側)
床に座り脚を前に出した状態でタオルや縄跳びを使い片脚づつ行います。

 

足の裏にタオルなどをかけて両手で引っ張り、足の裏がしっかり伸びていることを
確認して30秒ほどゆっくり呼吸をします。

 

その際に、前かがみになったり腰が曲がった状態にならないよう注意してください。

 

◆ふくらはぎ
むくみやすい場所ですが、柔軟体操で血液の循環を高めると効果が出やすい場所です。

 

床の上に寝て、ゆっくり呼吸をしながら両足を上に上げ、かかとを上に押し上げるような意識で
脚の裏(ふくらはぎ、太もも)全体をだいたい15回程度伸ばします。

 

そのあと、指先で円を描くように足首を内回り、外回りと1分ほど回して完了です。

 

美しく痩せるためにも、努力して成功したダイエットの成果をキープするためにも、
日頃から空いた時間を使ってストレッチを行うようにしましょう。"


■わたしが実践したダイエット■

⇒1ヶ月で−4、8キロ達成した方法はコチラ